ダマーズ, ジャン=ミシェル :トッカティーヌ

Damase, Jean-Michel:Toccatine

作品概要

出版年:1985年 
初出版社:Henry Lemoine
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:トッカータ
著作権:保護期間中

解説 (1)

解説 : 西原 昌樹 (665文字)

更新日:2020年12月1日
[開く]

自由な形式による5ページの小品である。アレグロ、4分の4拍子、ハ長調。表紙には

Moyen(中級)とあり、学習者によるとりくみも想定されている。両手による和音の交互

奏を主体とする開始部ではハーモニーの精妙な変化のみからなる楽想が続き、次第に両手

を巧みに連携させたのびやかな旋律や、高音域での軽快な旋律が断片的に現れ、活発に展

開する。頻繁に転調するが、遷移は追いやすい。比較的落ち着いたメトロノーム表示(四

分音符=116)からすると、メカニックな運動性を強調しすぎるよりも、狭い音域内での

洗練された和声の移ろいを生かし、淡く紗をかけたような音響を目指すのも一案であろう

本作は当時13歳のマチュー・ゴネ(Matthieu Gonet, 1972 - )に献呈された。ゴネは幼少

期にガブリエル・タッキーノに才能を見出され、1982年(10歳)にはモーツァルトの少年

時代を描いたテレビドラマ(フランスの民放TF1にて放映)の中でクラヴィーアを弾くモ

ーツァルトの手の役を務めるなど早くから活躍していた。のちに14歳でパリ音楽院への入

学が許されたゴネは、イヴォンヌ・ロリオらに師事して研鑽を積み、1990年代にはミュー

ジカルやポピュラー音楽にも進出して作曲家、指揮者、ピアニストとして名声を確立した

。現在は映画、テレビへの楽曲提供を中心に活躍している。映画音楽の近作には「レジェ

ンド・オブ・ゴースト~カンタヴィル城と秘密の部屋~」(オスカー・ワイルド原作

。2016年)、「マダムのおかしな晩餐会」(2018年11月に日本でも公開)などがある。

執筆者: 西原 昌樹
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (0件)