ダマーズ, ジャン=ミシェル :ピアノ・ソナタ Op.24

Damase, Jean-Michel:Sonate pour piano Op.24

作品概要

出版年:1953年 
初出版社:Salabert
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:18分50秒

解説 (1)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (468文字)

更新日:2018年3月12日
[開く]

ダマーズのピアノ曲のなかでもっとも古い出版年をもつ。出版年に従うならば、彼が最初に書いたピアノ曲ということになる。1943年にパリ音楽院でピアノの1等賞を得ていたダマーズは、1950年代以前からピアニストとしての活動を開始していたが(註)、それまで出版されていたダマーズの作品は、ハープの独奏曲、室内楽曲、歌曲に限られていた。最初に書かれたピアノ曲でソナタという伝統的枠組みを利用したことには、創作活動を今後意欲的に発展させることへの若きダマーズの決意が表れているのかもしれない。  全体として動きに満ちた第1楽章(アレグロ)では、オクターヴの連続によるごつごつとした第1主題と、上行する4音によるややゆったりとした第2主題が提示される。歌謡的な第2楽章(アンダンテ)の中間部では、第1楽章の第1主題が回帰する。第3楽章(アレグロ)では前2楽章の性格の統合が試みられ、忙しない交替をみせる拍子やリズムの上で旋律が悠々と歌われる。 (註)たとえば、1947年ころにはバリトン歌手ジェラール・スゼーとともにデッカ社に歌曲の録音を行っている。

楽章等 (3)

第1楽章

総演奏時間:5分50秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第2楽章

総演奏時間:7分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第3楽章

総演奏時間:6分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (0件)