ホーム > グリュンフェルト > 《ウィーンの夜会》ヨハン・シュトラウスのワルツ主題による演奏会用パラフレーズ

グリュンフェルト :《ウィーンの夜会》ヨハン・シュトラウスのワルツ主題による演奏会用パラフレーズ Op.56

Grünfeld, Alfred:Soirée de Vienne: Konzertparaphrase über Johann Straußsche Walzermotive Op.56

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:パラフレーズ

解説 (1)

解説 : 今関 汐里 (446文字)

更新日:2019年8月13日
[開く]

1926年出版。

「ワルツ王」としても知られるヨハン・シュトラウスII世と、ピアニスト兼教育者として活躍したグリュンフェルトと、非常に親しい間柄にあったことは良く知られているが、そのことは、前者が後者に《春の声》Op. 410のピアノ譜を献呈していることからも見て取れる。

本作は、シュトラウスの様々なワルツのモチーフをもとに作曲されていることから、彼へのへのオマージュ作品として捉えられるだろう。

パラフレーズされているシュトラウスの主な作品は以下の通りである。

・オペレッタ《こうもり》の第2幕終盤のワルツ:楽曲を通して用いられている主要モチーフ。以下のような他のモチーフがあらわれる際、対主題としても登場する(例えば、156小節目からの左手など)。

・《芸術家の生活》Op. 136の第2ワルツ:139~172小節(原曲はハ長調)

・《酒、女、唄》Op. 333の第3ワルツ:173~201小節(原曲はニ短調)

・《カリオストロ・ワルツ》Op. 370の第1ワルツ:237~279小節(原曲はハ長調)

執筆者: 今関 汐里

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。