ホーム > ピアノ曲事典 > ヨハン・シュトラウス二世

ヨハン・シュトラウス二世 1825-1899 Strauss, Johann (II)

127
  • 解説:齊藤 紀子 (500文字)

  • 更新日:2008年8月1日
  • オーストリアの多作な作曲家。ワルツやポルカなど、舞踏のための音楽で知られている。どちらも100を超える数を残しているほど多作な作曲家で、「ワルツ王」と呼ばれることもある。後年は、オペレッタの創作も手がけた。その転換期には、初めて声楽を採り入れたワルツ作品の《美しく青きドナウ》がある。

    同じく作曲家の父親の強い反対を受け、早期の音楽教育を受けることができなかった。その代わりに、商人になるための教育や銀行家になるための教育を受けている。作曲を学び始めたのは、両親が別居をするようになってからのことである。しかし、それより前から、母親の理解のもとに、ひそかにヴァイオリンを学び始めていた。

    ヨハン・シュトラウスⅡ世のワルツは、華やかなオーケストラの編成で、曲としての統一感を強く打ち出すような構成をもっている。まず、ワルツのメロディーを暗示するかのような序奏で始め、ワルツの主部では、異なる音高で反復する、3度や6度で重ねる、レガートとスタッカートで対比させる、へミオラを用いるといった手法でメロディーを扱うことを好んだ。

    また、ポルカでは、マズルカのリズムをもつポルカ・マズルカを創作したことが重要である。

    執筆者: 齊藤 紀子
    <続きを表示する>

    作品(9)

    ピアノ独奏曲 (3)

    ワルツ (1)

    動画(0)

    解説(0)

    ★ 種々の作品 ★ (3)

    加速度 Op.234 加速度

    作曲年:1860 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    芸術家の生涯 Op.316 芸術家の生涯

    作曲年:1867  総演奏時間:15分30秒 

    動画(0)

    解説(0)

    室内楽 (1)

    ★ 種々の作品 ★ (1)

    甘い涙 op.283 甘い涙

    総演奏時間:4分00秒 

    解説(0)

    楽譜(0)