ホーム > 中村 美穂子 > 月うさぎ

中村 美穂子 :月うさぎ

Nakamura, Mihoko:Moon Rabbit

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:種々の作品

解説 (1)

解説 : 上田 泰史  (426文字)

更新日:2020年4月21日
[開く]

日本の月にまつわる言い伝えから題材をとった小品。ラヴェル風の和声付けがなされていながら、旋律はどこか和風な興趣を感じさせるのは、エオリア旋法が用いられているからだろう。冒頭、月明かりのように包み込む主要動機コラール風に示されるが、直後に三連符と付点リズムの動機が示される。この動きのある動機は、ちょうど、うさぎの動作に対応しているようである。中間部(第9小節)は冒頭のモチーフと付点リズムの発想と受け継がれ、新しい旋律が導かれる。この新たなフレーズは、内声の旋律(第11~12小節)と対話する。地上を遠く離れていくように曲が転調するや、思いがけないリズムの崩れ(第19~20小節)が生じ、流れに妙味が添えられる。主題はもはやもとの調には戻らず、変ロ音を中心とする旋法で再現される。このとき、2つの主要モチーフが同時に聴かれる(第30小節)。コーダに相当する第37小節以降は、ほぼ安定的にもとの調で進行するが、途中、スタッカートで再び、うさぎが顔をだす。

執筆者: 上田 泰史 
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (2件)全件みる