ホーム > スカルラッティ, ドメニコ > ソナタ  ハ短調

スカルラッティ, ドメニコ :ソナタ  K.99 L.317 ハ短調

Scarlatti, Domenico:Sonata c-moll K.99 L.317

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:5分30秒

解説 (1)

執筆者 : 丸山 瑶子 (222文字)

更新日:2012年9月3日
[開く]

K. 99 c-moll 3/4 Allegro

作品は増2度進行や半音階、9の和音など不協和な響きに特徴づけられている。形式構成では次のユニークな手法が注目される。後半第74小節は前半第37小節と対応するが、次の小節は楽節の続きではなく、第13小節以降の素材を用いたゼクエンツに入る。ゼクエンツも第80小節の左手の跳躍下行と直後の休符により寸断される。その後で漸く前半の第38小節以降、すなわち第74小節に続くはずの楽節の残りの部分が回帰する。

執筆者: 丸山 瑶子
現在視聴できる動画はありません。