ホーム > スカルラッティ, ドメニコ > ソナタ 変ロ長調

スカルラッティ, ドメニコ :ソナタ K.70 L.50 変ロ長調

Scarlatti, Domenico:Sonata B-Dur K.70 L.50

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:1分40秒

解説 (1)

執筆者 : 丸山 瑶子 (195文字)

更新日:2012年5月27日
[開く]

K. 70 4/4 B-dur  2:30 繰り返しこみ

Fadini校訂版では速度標語なし

冒頭の上下声部の模倣に続く、休みない16分音符が音楽の推進力を確保する。

両手が揃って上行、下行するさまは、演奏時の身体感覚が作曲に反映されていると考えられる。

スカルラッティのソナタ全体に見られる特徴である形式上のずれは、第23小節の小節後半からの、前半第7小節以降の半小節ずれた再現などに指摘できる。

執筆者: 丸山 瑶子