スカルラッティ, ドメニコ :ソナタ K.66 L.496 変ロ長調

Scarlatti, Domenico:Sonata B-Dur K.66 L.496

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:3分20秒

解説 (1)

執筆者 : 丸山 瑶子 (226文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

K. 66 B-dur Allegro 4/4

冒頭の刺繍音と跳躍から成る動機、第10小節の低音に出てくる4分音符と8分音符のリズム動機が作品の主要素材である。前半では、直前の和音の解決を省いた、第24小節、第42小節の短調への転調が、際立った和声的変化を生んでいる。後半の第75小節からは、単一の動機の繰返し、7ないし9の和音の不協和な響き、低声和音の構成音の増加による音量の拡大が次第に音楽の緊張を高め、中間部にふさわしいクライマックスが形成される。

執筆者: 丸山 瑶子
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。