Scarlatti, Domenico : Sonata G-Dur K.63

作品概要


楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:2分10秒

解説 (1)

執筆者 : 丸山 瑶子 (297文字)

更新日:2012年2月29日
[開く]

K. 63 2/4 CAPRICCIO Allegro G-dur 2:10

前後のセクションが重なりあうため、形式上の移行が非常にスムーズで、流れるように楽想が紡ぎ出される。しかし「奇想」の語に最も適する要素は、むしろ調プランだろう。前半は主調から属調、反復記号後は属調から関係調を経て主調へ転調するため、一見、調プランは定石通りに見える。しかし各半部分は終了間際に上声の半音変化を介して同主短調に転調してしまう。その上、最終的に定石通りのD-durへ完全終止する前半とは異なり、作品を締めくくるカデンツは、同主短調ト短調に終止する。あえて主調から逸脱した曲の終わり方は正に「奇想」的といえる。

執筆者: 丸山 瑶子

ピティナのYoutubeチャンネル(1)

その他の音源・動画 (0)

現在視聴できる動画はありません。