スカルラッティ, ドメニコ :ソナタ  K.48 L.157 ハ短調

Scarlatti, Domenico:Sonata c-moll K.48 L.157

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:4分00秒

解説 (1)

執筆者 : 丸山 瑶子 (201文字)

更新日:2012年11月28日
[開く]

この作品にも顕著な両手の交差はこの時期のスカルラッティのソナタを強く特徴づける一要素であり、音楽的には高低両音域の音響を対照付けると同時に、片手だけで上声と低声との対話を生み出している。第45、106小節で前半、後半各々の目的調主音へ到達すると、主音保続音を伴う執拗なカデンツの繰返しによって目的調が強調される。第70~76小節などに見られる両手の忠実な対応を欠いた楽節の繰返しは本作品にも指摘できる。

執筆者: 丸山 瑶子

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。