スカルラッティ, ドメニコ :ソナタ K.46 L.25 ホ長調

Scarlatti, Domenico:Sonata E-Dur K.46 L.25

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:1分50秒

解説 (1)

執筆者 : 丸山 瑶子 (326文字)

更新日:2012年11月28日
[開く]

第1小節の3音のリズム動機、第2小節のシンコペーション、第3小節のバスの跳躍上行、2度上行、跳躍下行から成る動機、及び上声の8分音符の走句と、主要動機は冒頭8小節に集約している。音楽は、はじめ8分音符の分散和音下行によりはっきりと切れ目を持つが、これが第33小節以降コデッタまで途絶えると、音楽の流動性が増す。第54小節では基本となる音価が4分音符から8分音符へ短縮し、バスの広範な跳躍も手伝って音楽は更に勢いを高め、カデンツへ突入する。なお第68小節で導音ais1が解決せず跳躍下行するが、こうした声部進行の掟破りの分断は作曲家が時折用いる手法。後半では第112-114小節の両手のオクターヴ和音の連打と、不安定な和声が前半に無い形で山場を作り出す。

執筆者: 丸山 瑶子