スカルラッティ, ドメニコ :ソナタ K.45 L.265 ニ長調

Scarlatti, Domenico:Sonata D-Dur K.45 L.265

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:3分40秒

解説 (1)

執筆者 : 丸山 瑶子 (223文字)

更新日:2012年11月28日
[開く]

本作品ではリズムの工夫が注目される。前半では低音が付点4分音符のリズムを殆ど休みなく刻むため、第18小節からこのリズムが中断されて2声が16分音符の走句の交替となった時、その活発さが一層際立って聞こえてくる。作品中で最も異質な部分は後半の第31-34小節だろう。この部分は前半第12-15小節との対応が認められるが、後半では低音のリズムに一貫性がなく、基本拍子からの逸脱や、半音進行と繋留による不協和音と相まって、極めて高い緊張感が生まれている。

執筆者: 丸山 瑶子

楽譜

楽譜一覧 (1件)全件みる

システム障害中