スカルラッティ, ドメニコ :ソナタ K.44 L.432 ヘ長調

Scarlatti, Domenico:Sonata F-Dur K.44 L.432

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:5分40秒

解説 (1)

執筆者 : 丸山 瑶子 (188文字)

更新日:2012年11月28日
[開く]

殆どの楽節が4小節の倍数で出来ている。とりわけ前半は形式的な区切りが明確で、和声や旋律も複雑でなく、非常に馴染みやすい。和声上の対比で特に注目されるのは後半第101小節からのゼクエンツである。素材は前半に既出のものだが、2小節毎の長短の和音の変化が、音楽に新鮮さを与えている。前半、後半の終盤では、オクターヴ和音で主和音が連続して打ち鳴らされ、堂々とした響きで調が強調される。

執筆者: 丸山 瑶子