ホーム > 湯山 昭 > お菓子の世界

湯山 昭 :お菓子の世界

Yuyama, Akira:Okashino Sekai (Suite Sweets)

作品概要

出版年:1974年 
初出版社:全音楽譜出版社
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集

解説 (1)

解説 : 湯山 玲子 (469文字)

更新日:2022年2月23日
[開く]

『子どもの国』、『日曜日のソナチネ』についで刊行されたピアノ曲集。手が小さいこどものために和声にオクターヴを使用しなかった『子どもの国』と違い、規制は設けず自由に作曲された。ムソルグスキーの『展覧会の絵』、ラヴェルの『マ・メールロア』のごとく、テーマにちなんだ小曲たちから成る曲集であり、そのテーマは大人からこどもまでが大好きな「菓子」。バームクーヘン、マロングラッセ、柿の種など様々な菓子が取り上げられ、その菓子の豊かなイメージが、ジャズ、和風、フゲッタ、無調、ワルツといった様々なスタイルによって展開する。菓子は生存の必須物ではなく嗜好食品であり、遊戯性、楽しさといった心が求める存在であり、その肯定感や豊かさが全編の通奏低音となっている。印象的なメロディー、ポリリズムを含むソリッドなリズム感覚と色彩豊かな転調の魅力は曲集に偏在しており、クラシック音楽はもとより、音楽すべてに演奏されるピアノという楽器の鳴り方、魅力を追求している。練習者からの人気も高く、発表会に非常によく演奏される曲集であり、現在150版以上の重版を重ねている。

執筆者: 湯山 玲子

楽章等 (26)

第1曲 「シュー・クリーム」

Toka ステップレベル:応用5

解説(0)

第2曲 「バウムクーヘン」

総演奏時間:2分10秒 

解説(0)

その他特記事項
【連載記事:ピアノ曲MADE IN JAPAN(執筆/演奏:須藤英子)】にて詳細情報を公開中