ホーム > ピアノ曲事典 > コリア, チック

コリア, チック 1941 Corea, Chick

  • 解説:齊藤 紀子 (695文字)

  • 更新日:2008年12月1日
  • 1.出身

    アメリカ合衆国に生まれ、職業音楽家であった父親から音楽の手ほどきを受けた。幼少の頃からジャズや即興に興味をもっていた。

    2.所属

    コリアは、志向する音楽の変化に従って、身を置くグループを移っている。

    まず、モンゴ・サンタマリアやウィリー・ボボの率いるラテン系のバンドに参加(1962-1963)。これが、コリアの最初の音楽の仕事となっている。次いで、マイルズ・デイヴィスのグループに参加(1968)。このグループを通じて電子音を多用するジャズ・ロックを知り、1970年代の「フュージョン」のさきがけとなった。なお、1970年にこのグループを後にし、電子音に頼らないジャズを志向するようになった。そして、デイヴ・ホランド、バリー・アルトシュと共にトリオを結成。このトリオは後に、リード奏者のアンソニー・ブラクストンを迎えて「サークル」に改まった。しかし、その僅か後、1971年後半には、リターン・トゥ・フォーエヴァーというグループに参加。このグループに所属していた時期が、最も充実した創作活動を行っている。1970年代末、ジャズからロックへ転向する音楽家が多かった中、小編成の管弦を加え、電子音に頼らない音楽を追究した。西洋芸術音楽の要素も採りいれられたそれらの音楽は、録音も残されている。

    3.作風・手法

    幼少の頃に示したラテン・アメリカの音楽に対する関心を、生涯もち続けた。上記の「所属」の項でもふれたように、コリアはジャズの前衛的な動きに身を置いていた。しかし、その一方で、自らの音楽に叙情性も求めていたことが、「サークル」の解散(1971年)目前に録音したソロ・アルバムからうかがえる。

    執筆者: 齊藤 紀子
    <続きを表示する>

    作品(4)

    ピアノ独奏曲 (2)

    曲集・小品集 (1)

    子供の歌 子供の歌

    総演奏時間:32分30秒 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ★ 種々の作品 ★ (1)