ホーム > 小菅 泰雄

小菅 泰雄 1940 Kosuge, Yasuo

872
  • プロフィール (577文字)

  • 更新日:2010年1月1日
  • 1940年6月8日、埼玉県秩父市生まれ。埼玉大学出身。

    1976年1月15日、ピアノ組曲「十二支」により、全国学芸コンクール社会人の部作曲 部門第二席。

    1977年1月15日、弦楽四重奏曲第1番により、全国学芸コンクール社会人の部作曲部 門第一席、文部大臣奨励賞受賞。

    1977年10月14日、「シンメトリア1」が、第2回埼玉県新人演奏会オーディション合 格し初演される。

    1968年6月、「葵の会」入会出演、2001年3月まで会長に就任、現在に至る。

    1990年6月、現代音楽作曲グループ「蒼」入会、毎回新作を発表、現在代表。

    1991年6月、詩と音楽の会に入会、毎回新作を発表し続けて現在に至る。

    1991年6月、日本作曲家協議会に入会、第1回アンデパンダンより歌劇「なよた け」、歌劇「その妹」等新作発表を続けて現在に至る。

    1993年6月、ディメンション・スペース-弦楽四重奏のための-で埼玉県音楽家協会 オーディション合格入会、新作発表し現在に至る。

    <抱負・作曲姿勢>

    芸術表現は何を表現するのかが問われるべきである。作曲は音の機能や楽式を考える前に、何を表現したいのかが問われなければならない。

    私の今後の作品は、日本人共通の情緒表現を、日本人のDNAの中にある音楽感覚との関わりの中で、どう表現されるべきなのかを自身に問いかけながら創作し続けていこうと考える。

    <続きを表示する>

    作品(21)

    ピアノ独奏曲 (4)

    幻想曲 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ★ 種々の作品 ★ (5)