ホーム > ピアノ曲事典 > クレストン

クレストン 1906-1985 Creston, Paul

  • 解説:齊藤 紀子 (223文字)

  • 更新日:2008年8月1日
  • アメリカ合衆国の作曲家。貧しい移民の子どもとして生まれ、正式な音楽教育を受けることはなかった。個人指導で学んだピアノやオルガンを活かし、映画館のピアノや教会のオルガンを演奏した。作曲を志したのは1932年と比較的遅いが、多作な作曲家である。1941年に《交響曲 第1番》でついにニューヨーク批評家協会賞の受賞にこぎつけた。『リズムの原理』を1964年に著しているクレストンの作品は、リズミカルなものが多い。また、和声は豊かな仕上がりをもっている。

    執筆者: 齊藤 紀子
    <続きを表示する>

    作品(2)

    ピアノ独奏曲 (2)

    ソナタ (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    前奏曲 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)