ホーム > 稲生 勝尋

稲生 勝尋 Inou, Katsuhiro

815
  • プロフィール (521文字)

  • 更新日:2010年1月1日
  • 愛知県立半田高校卒業。米国オレゴン州ポートランドバイブル大学音楽科修了。

    ポーランド国立クラコフ室内管弦楽団とコンチェルト共演。ポーランド国立放送交響楽団首席奏者とトリオ共演。

    第3回中国音楽コンクールで金賞首位、併せて神戸市長賞、中国東方航空賞を受賞。中国の寧波と杭州にて演奏。日中国交正常化30周年記念として、各地でリサイタルを開催。半田市・徐州市姉妹提携10周年記念式典にて演奏。

    (社)全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)から、伴奏ピアニストとして日本弦楽指導者協会の室内楽サマースクールに派遣される。その後、半田市にてピティナ・ピアノステップを開始、全国に先駆けて室内楽を導入する。知多半島にて「知多ピアノ室内楽フェスティバル」などを毎年開催。また、初級者から取り組めるピアノ室内楽シリーズを作曲、ピティナ・ミュッセより出版している。

    ソロ、室内楽の他、伴奏や初演も多く、理知的で柔軟性のある演奏は定評を得ている。

    現在、知多ピアノ演奏研究会主宰、半田市文化協会会員、ピティナ正会員・半田ステーション代表。2008年 8月半田市にて、終戦メモリアル「月光の夏」にて演奏予定。

    (2008年 3月30日現在)

    ピティナ・コミュニティ 半田ステーション

    <続きを表示する>

    作品(3)