ホーム > ストロング

ストロング 1856-1948 Strong, George Templeton

  • 解説:齊藤 紀子 (619文字)

  • 更新日:2008年10月1日
  • アメリカ合衆国の作曲家。ストロングには同姓同名の父親がいる。こちらは弁護士で音楽は趣味としていた。しかし、ニューヨーク教会音楽協会を創立し、ニューヨーク・フィルハーモニック協会の会長も務めたほどの人物で、そのおかげで演奏会を通じて様々な音楽にふれることができた。ストロング自身はオーボエを学び、ライプツィヒで対位法や管弦楽法、ホルンの個人指導を受けた。その後、ワイマールでリストの師弟と交流をもった。この頃に作曲した《交響詩 ウンディーネ》はリストに捧げられている。さらに、ヴィースバーデンにも足をのばし、マクダウェルと出会っている。マクダウェルとの交友関係は長く続き、マクダウェルはアメリカに帰国するとストロングの作品の紹介に努めた。また、ストロングに帰国をすすめ、ニューイングランド音楽院の音楽理論の教師の職を見つけたのもマクダウェルである。しかし、間もなくストロングは再び渡欧し、スイスに落ち着いた。ストロングは、アメリカの作曲家が国内で認められないと考え、そのことに失望していたのであった。そして、そのような厭世観から、一時的に作曲活動から身を退き、水彩画を描いていたこともある(ヴォー州にはストロングの設立した水彩画協会がある)。

    ストロングは文学に傾倒し、作品のタイトルには文学的な題材・題辞と関連があるものが多い。また、妖精や魔女、深い森といった事物との関連を持つものもある。また、友人マクダウェルについての文章も残している。

    執筆者: 齊藤 紀子
    <続きを表示する>

    作品(27)

    ピアノ独奏曲 (5)

    バラード (2)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    組曲 (2)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    小組曲 小組曲

    作曲年:1917 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    前奏曲 (1)

    25の前奏曲 25の前奏曲

    作曲年:1929 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ★ 種々の作品 ★ (11)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ピアノ合奏曲 (4)

    曲集・小品集 (3)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    牧歌 (2)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    行進曲 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ★ 種々の作品 ★ (2)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)