ホーム > ピアノ曲事典 > フローベルガー

フローベルガー 1616-1667 Froberger, Johann Jacob(Jakob)

Dummy

解説:齊藤 紀子 ( 339文字 )

更新日:2008年9月1日

ドイツの作曲家。オルガニストとしても活動した。クラヴィーアのための組曲やトッカータは、後のJ.S.バッハの作品へとつながっていくものである。父親から音楽の手ほどきを受け、オルガニストのシュチアクレーダーに師事した。ウィーンの宮廷オルガニストを経て、ローマへ給費留学をし、フレスコバルディのもとで学んだ。帰国後は再びウィーンの宮廷オルガニストの座につき、創作活動も行った。フローベルガーのクラヴィーアのための組曲では、「アルマンド―ジグ―クーラント―サラバンド」の順に各曲が並べられているが、死後の出版の際にジグが組み曲の最後に配置されるようになった。トッカータはフレスコバルディのもとでの勉学の成果が最も現れており、それはとりわけ即興的な部分とフーガの部分との対比に顕著である。

執筆者: 齊藤 紀子
<続きを表示する / 閉じる>

楽曲

ピアノ独奏曲(2)

組曲(30)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)