ホーム > ピアノ曲事典 > テオドール・イェフィモヴィッチ・イェフィモフ

テオドール・イェフィモヴィッチ・イェフィモフ 1947-2016 Theodor, Efimovich Efimov

6555

解説:プロフィール (925文字)

更新日:2018年4月4日

Theodor Efimovich Efimov

テオドール・イェフィモヴィッチ・イェフィモフ

(1947.04.15露スヴェルドロフスク州、アラパエフスク ― 2016.05.17モスクワ)

ロシアの作曲家、兼ピアニスト、指揮者、編曲者。

本名はテオドール・イェフィモヴィッチ・グリンシュテイン。ソ連時代、ユダヤ人のため

父の名前をとって苗字に当てた。ユダヤ名グリンシュテインも使ったが、最終的にはイェ

フィモフとなる。

彼の人柄は楽天的であり、ユーモアを好んだ。音楽性はプロコフィエフに近く、淋しい

時にもユーモアを持っている。彼の一番好きな作曲家はベートーヴェンとプロコフィエフ

であり、特にプロコフィエフだった。

彼は作品についての説明は好まなかったが、例えば「奇妙なまぼろし」Op.10の第1曲「

冬の夕べの孤独」はムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」の「古城」の影響が感じられる

《主な作品》

ピアノ曲

ソナタ第1番 ハ長調 作品3(1963-1974)

ソナタ第2番 ヘ長調 作品16 (1994-2003)

組曲「奇妙なまぼろし」 作品10(1978-1998)

3つのノクターン 作品11(1981-1990)

コンサート用の大エチュード 作品22 (1999)

室内楽

ヴァイオリンとピアノのためソナタ in C 作品5 (1964-1985)

ヴァイオリンとピアノのため3の小品 作品24 (2006)

ヴァイオリン とピアノのためノクターン 作品11b (1995)

チェロとピアノのためのソナタ ハ短調 作品23 (2005)

ヴァイオリン、チェロとピアノのため交響的なトリオ 変ホ長調 作品17 (1995-2004)

弦楽四重奏曲第1番 作品4 (1964)

弦楽四重奏曲第2番 作品13 (1986)

ピアノコンチェルト ト長調 作品25 (2006-2012)

歌曲

“Ave Maria” 作品20 (1998)

ハイネの詩による3つの歌曲 作品7(1966-1995)

グミリョフの詩による歌曲のツィクルス「幸せと別れの歌」作品12(1981-1995)

等。

ほか、様々な歌謡曲や映画音楽、ミュージカルを作曲。

(ミハイル・カンディンスキー/カンディンスキー美帆子訳)

<続きを表示する>

作品 (2)

ピアノ独奏曲 (2)

ソナタ (1)

ピアノ・ソナタ Op.3 ピアノ・ソナタ ハ長調

調:ハ長調  作曲年:1963-1974 

解説(0)

楽譜(0)

曲集・小品集 (1)

解説(0)

楽譜(0)