ホーム > クラウディオ ソアレス

クラウディオ ソアレス Claudio Soares

  • プロフィール (760文字)

  • 幼少の頃より音楽、特にピアノに興味を示す。ほぼ独学で国立リオグランデ・デ・ソル芸術大学に入学し、ドゥルセ・マチャド氏に師事する。後に1972年から77年までリオデジャネイロ国立音楽大学でミゲル・プロエンサ教授の下で研鑽を積む。卒業後、西ドイツ政府交換留学生として渡独。ハノーファー国立音楽大学で、ハンス・ライグラフ氏に師事。その後、ハンブルグ国立音楽大学でヤーラ・ベルネッテ氏に師事。大学卒業後は、沢山のコンサートやリサイタルへの招聘を受け、ヨーロッパや日本、中東のオーケストラとの共演を果たす。服部久美子とピアノ・デュオを結成すると共に、数多くのコンサートに伴奏者として出演し、主にドイツ歌曲をレパートリーとする。教育分野にも高い関心を示し、その分野での功績も少なくない。ドイツでゲーテ学院とハノーファー教育大学も修了している。
    1983年に日本に渡り、大阪芸術大学と大阪教育大学で教鞭を取る。現在は現在大阪音楽大学特任教授、同志社女子大学嘱託講師とし、(財)ヤマハ音楽振興会ソアレス特別コースで指導している。ピアニスト・指導者としての足跡を積み重ねる中で、彼は多くの講義とセミナーを行い、2冊のベストセラーを生む題材を手にしていた。1冊目は「ソアレスのピアノ講座~音の世界~演奏と指導のハンドブック」でピアノ奏者と指導者へのガイドブックである。 販売は好調で、現在は12刷を数えている。 2冊目の「バッハ演奏と指導のハンドブック」も8刷を重ねている。どちらも(株)ヤマハミュージックメディアより発売中である。指導者として、多くの若い音楽家の才能を開花させ、その結果、ロン=ティボー国際コンクール、エトリンゲン青少年国際ピアノコンクール、堺国際ピアノコンクール等、数多くの国際コンクールの受賞者を輩出している。
    <続きを表示する>