ホーム > ピアノ曲事典 > クラウゼ, ジグムント

クラウゼ, ジグムント 1938 Krauze, Zygmunt

  • 解説:齊藤 紀子 (200文字)

  • 更新日:2008年8月1日
  • ポーランドのワルシャワに生まれた作曲家。ピアニストとしてもヨーロッパやアメリカの各地で活動している。音楽をワルシャワとパリで学び、前衛的な四重奏団を結成した。作品はテクスチュアの厚いものが多い。また、空間の可能性を追究した作品やマルチメディアを利用した作品もある。ピアノを編成に含むものには、《ピアノ協奏曲》(1976)や《ピアノとチェロのためのジークフリートとジークムント》(1988)などがある。

    執筆者: 齊藤 紀子
    <続きを表示する>

    作品(18)

    ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) (1)

    協奏曲 (2)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ピアノ独奏曲 (9)

    ソナチネ (1)

    ソナチネ ソナチネ

    作曲年:1958 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    曲集・小品集 (2)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    3つの小品 3つの小品

    作曲年:1964 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    練習曲 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    前奏曲 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    インベンション (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    フーガ (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ワルツ (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    タンゴ (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ★ 種々の作品 ★ (7)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    エスキス エスキス

    作曲年:1966 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)