ホーム > ハイラー

ハイラー 1923-1979 Heiller, Anton

  • 解説:齊藤 紀子 (186文字)

  • 更新日:2008年8月1日
  • オーストリアの作曲家。オルガニストとしても活動し、とりわけバッハの作品の演奏で高い評価を得ている。オルガンのためのパルティータやソナタの他は、合唱を中心とした作品を創作している。ウィーン国立音楽院でピアノやハープシコード、オルガンと音楽理論を学んだ。作曲家としてはヒンデミットの作品のようなポリフォニックの様式を好んで用いた。また、半音階を多用し、12音技法も採り入れた。

    執筆者: 齊藤 紀子
    <続きを表示する>

    作品(1)

    ピアノ独奏曲 (1)

    トッカータ (1)