ホーム > ビゼー

ビゼー 1838-1875 Bizet, Georges

470
  • 解説:齊藤 紀子 (302文字)

  • 更新日:2008年8月1日
  • フランスの作曲家。《カルメン》で知られているビゼーは劇音楽に長けた作曲家である。オーケストラの作品や歌曲、ピアノ曲も手がけており、ピアノ作品はどれも標題をもっている。

    声楽教師の父親とピアニストの母親の間に生まれた。10歳でパリ音楽院に入学し、ピアノをアントワーヌ・マルモンテルに、オルガンとフーガをフランソア・ブノアに、作曲をピエール・ツィンマーマンとアレヴィに師事した。グノーの代講を受けたこともあった。ローマ大賞を受賞してローマへわたったが、留学中に母親が危篤となり、パリに帰国した。帰国後は、オペラの作曲に従事した。1869年6月にアレヴィの娘、ジュヌヴィエーヌと結婚したが、37歳の若さで没した。

    執筆者: 齊藤 紀子
    <続きを表示する>

    作品(14)

    ピアノ独奏曲 (6)

    曲集・小品集 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    変奏曲 (1)

    ワルツ (1)

    演奏会用大ワルツ 演奏会用大ワルツ 変ホ長調

    調:変ホ長調  作曲年:1854 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ノクターン (2)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    トランスクリプション (1)

    ★ 種々の作品 ★ (5)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    海洋画 海洋画

    作曲年:1868 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ピアノ合奏曲 (2)

    ★ 種々の作品 ★ (1)

    子供の遊び Op.22 子供の遊び

    作曲年:1871  総演奏時間:19分00秒  Step min ステップレベル:展開1,展開2,展開3

    動画(0)

    解説(0)