ホーム > ハウアー

ハウアー 1883-1959 Hauer, Josef Matthias

  • 解説:齊藤 紀子 (315文字)

  • 更新日:2008年8月1日
  • オーストリアの独学の作曲家。十二音技法へのこだわりが強い。シェーンベルクが主催する「私的演奏協会」でハウアーの作品を紹介したが、ハウアーが我こそ十二音技法の創始者と主張したため、その人間関係はこじれた。初期の作品から半音階的なポリフォニーによる十二音技法を追究し、確かに1919年にシェーンベルクに先立つ形で十二音技法を体系化している。ナチスの権力の増大と共にハウアーの作品は退廃した芸術というレッテルを貼られるようになり、隠遁生活を送った。その間に、《十二音の戯れ》という名のもとに1000曲に及ぶ多様な曲種の十二音音楽を創作している。第二次世界大戦後にようやくハウアーの作品も日の目を見るようになり、演奏されるようにもなった。

    執筆者: 齊藤 紀子
    <続きを表示する>

    作品(6)

    ピアノ独奏曲 (3)

    曲集・小品集 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    幻想曲 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    ★ 種々の作品 ★ (1)

    ノモス Op.19 ノモス

    作曲年:1919 

    動画(0)

    解説(0)

    ピアノ合奏曲 (1)

    ★ 種々の作品 ★ (3)

    動画(0)

    解説(0)