ホーム > ピアノ曲事典 > 大前 哲

大前 哲 1943 Ohmae, Satoshi

  • 解説:須藤 英子 (327文字)

  • 更新日:2006年6月1日
  • 大阪学芸(現教育)大学卒業。関西で現代音楽が活発になりつつあった20代半ばより、「日独現代音楽の夕」や「現代の波‐現代音楽祭」に制作として参加。国内外の実験的な作品に触れる中で、自身の作風を確立していく。88年より「コタ現代音楽シリーズ」主宰、92年より「神戸・音楽の展覧会」制作。同世代の音楽家と協働しながら、現代音楽の推進に力を注ぐ。作品の多くは室内楽作品であるが、中でも2つの楽器のための「ダブル・トーク」シリーズには、きらめく緻密な音響美や、聴衆をも誘い込むようなパフォーマンス性等、その音楽的特質がよく現れている。グスタフ・マーラー国際作曲コンクール第2位、ウディネ市国際作曲コンクール優勝、ドビュッシートリオ国際作曲コンクール優勝他受賞多数。

    執筆者: 須藤 英子
    <続きを表示する>

    作品(9)

    ピアノ独奏曲 (1)

    ★ 種々の作品 ★ (6)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ピアノ合奏曲 (1)