ラロ 1823-1892 Lalo, Edouard

394
  • 解説:樋口 愛 (575文字)

  • 更新日:2007年10月1日
  • フランスのリール生まれ。作曲家、ヴァイオリン、ヴィオラ奏者。リール音楽院にてヴァイオリンとチェロを学び、1839年(16歳)にパリ音楽院でアブネックのヴァイオリンのクラスに籍を置く。この間に、ピアニストのユーリウス・シュルホフと作曲家クレーヴクールに作曲を師事。1840年代後半には幾つかのロマンスとヴァイオリン小品を出版し、1853年からは二曲のピアノ三重奏を作曲した。室内楽に力を入れた彼は1855年にハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、メンデルスゾーン、シューマンの弦楽四重奏曲の普及を目的にアルマンゴー四重奏団を結成。1874年ヴァイオリン協奏曲第1番へ長調をパブロ・デ・サラサーテによって初演され、名声が高まる。その後も《スペイン交響曲》や《ノルウェー幻想曲》などサラサーテによって初演された。作風はメロディーとリズムの要素を強く打ち出しているが、対位法は用いていない。彼の和声は、半音階的であるが、メロディーが全体的に全音階的である。フランス六度を好み、巧みな和声進行により、推進力を生み出している。シューマンやメンデルスゾーンの様式に、スカンディナヴィアやロシア、ブルターニュ、スペインの民族的表現方法を融合させた。彼の音楽はロシアの国民主義の音楽に近いものがあった。室内楽曲の他、管弦楽曲、協奏曲、歌劇、ピアノ曲なの作品を遺した。

    執筆者: 樋口 愛
    <続きを表示する>

    作品(8)

    ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) (1)

    協奏曲 (1)

    ピアノ協奏曲 ピアノ協奏曲 ヘ短調

    調:ヘ短調  作曲年:1888  総演奏時間:23分50秒 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ピアノ合奏曲 (1)

    曲集・小品集 (1)

    母と子 Op.32 母と子

    作曲年:1873 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    室内楽 (2)

    ★ 種々の作品 ★ (4)

    ピアノ四重奏曲 Op.19 ピアノ四重奏曲 変ホ長調

    調:変ホ長調  作曲年:1859 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ピアノ三重奏曲 第3番 Op.26 ピアノ三重奏曲 第3番 イ短調

    調:イ短調  作曲年:1880  総演奏時間:29分20秒 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    室内楽 (2)

    ピアノ四重奏曲 Op.45 ピアノ四重奏曲 変ホ長調

    調:変ホ長調  作曲年:1880  総演奏時間:25分20秒 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ピアノ三重奏曲 第2番 ピアノ三重奏曲 第2番 ロ短調

    調:ロ短調  作曲年:1852  総演奏時間:25分10秒 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)