ホーム > ピアノ曲事典 > モニューシュコ

モニューシュコ 1819-1872 Moniuszko, Stanisław

370
  • 解説:齊藤 紀子 (211文字)

  • 更新日:2008年10月1日
  • ポーランドの作曲家。音楽の手ほどきは母親から受けた。作曲はベルリンで学んだ。1840年に現在のヴィリニュスで教会合唱団を組織し、その後も《家庭愛唱歌集》を全6巻刊行。音楽の普及に努めた。ワルシャワで初演したオペラ《ハルカ》が成功を収め、ワルシャワのオペラ劇場の監督に就任した。その後も《幽霊屋敷》等、オペラ作品を手がけて「ポーランド国民オペラの父」と呼ばれるようになった。

    ワルシャワ音楽院では合唱と和声の指導にもあたった。

    執筆者: 齊藤 紀子
    <続きを表示する>

    作品(4)

    ピアノ独奏曲 (4)

    ポロネーズ (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ポルカ (1)

    ワルツ (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ベルスーズ(子守歌) (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)