ホーム > マッテゾン

マッテゾン 1681-1764 Mattheson, Johann

333
  • 解説:齊藤 紀子 (272文字)

  • 更新日:2008年9月1日
  • ハンブルク駐在のイギリス大使の秘書や代理を務める傍ら、音楽理論家としても活動したドイツの作曲家。音楽に限らず広領域の学問の教育を受け、オペラ歌手やオペラの作曲家としてデビューを果たした。若きヘンデルとも出会っている。ヘンデルのオペラ《アルミーラ》では主役を務めた。ハンブルク大聖堂の音楽監督やホルシュタイン公爵の宮廷楽長も任命されている。後年、耳の病気を患って音楽関連の職は辞したが、音楽の文筆家としての活動は続けた。とりわけ、バロックから古典派へと移り変わる当時の様子を知ることができるものとして、音楽史の研究では欠かせない資料となっている。

    執筆者: 齊藤 紀子
    <続きを表示する>

    作品(2)

    ピアノ独奏曲 (2)

    曲集・小品集 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    フーガ (1)