ホーム > ブルッフ

ブルッフ 1838-1920 Bruch, Max

292
  • 解説:齊藤 紀子 (299文字)

  • 更新日:2008年9月1日
  • ドイツの作曲家。《コル・ニドライ》などで知られている。ソプラノ歌手であった母親から音楽の手ほどきを受けた。1852年に弦楽四重奏曲でフランクフルト・モーツァルト財団の奨学金を得て、ケルンで作曲と音楽理論をヒラー、ピアノをライネッケに学んでいる。その後、コーブレンツの音楽監督やゾンダースハウゼン宮廷楽長、リヴァプール・フィルハーモニック協会指揮者、ブレスラウ市立管弦楽団指揮者、ベルリン芸術アカデミーの作曲マスタークラスの教授など様々な職に就いた。ケンブリッジやベルリン大学からは名誉博士号を授与され、ベルリン芸術アカデミーの名誉会員にも選出されている。ブルッフの作風は、深い叙事性が特徴的である。

    執筆者: 齊藤 紀子
    <続きを表示する>

    作品(5)

    ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) (1)

    ピアノ独奏曲 (2)

    曲集・小品集 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    性格小品 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ピアノ合奏曲 (1)

    ★ 種々の作品 ★ (2)

    奇想曲 Op.2 奇想曲

    作曲年:1858 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    幻想曲 Op.11 幻想曲

    作曲年:1861 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)