ブリス 1891-1975 Bliss, Arthur

Dummy

解説:齊藤 紀子 ( 275文字 )

更新日:2008年9月1日

イギリスの作曲家。ピアノを編成に含む作品には、《2台のピアノとオーケストラのための協奏曲》や《ピアノ協奏曲》などがある。ケンブリッジのペンブローク・カレッジを経て、ロンドン王立音楽大学でスタンフォードやヴォーン・ウィィアムズ、ホルストに師事した。第1次世界大戦では従軍し負傷した経験をもつ。戦後、ヴォカリーズなど、声を楽器のように用いた創作で注目を集めた。第2次世界大戦中は、BBCの音楽監督を務めた。後年、王室楽長に命ぜられ、ナイトにも叙せられている。1920年代に一時期渡米していたブリスは、1964年にロンドン交響楽団と共に日本へも訪れている。

執筆者: 齊藤 紀子
<続きを表示する / 閉じる>

楽曲

ピアノ独奏曲(6)

ソナタ(1)

組曲(2)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

トッカータ(1)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

間奏曲(1)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

★ 種々の作品 ★(5)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

ピアノ合奏曲(1)

★ 種々の作品 ★(1)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

室内楽(1)

★ 種々の作品 ★(2)