ホーム > 福島 和夫

福島 和夫 1930 Fukushima, Kazuo

  • 解説:須藤 英子 (264文字)

  • 更新日:2007年10月1日
  • 東京生まれ。独学で作曲を志す中で、鈴木博義や武満徹らと出会い、芸術家グループ「実験工房」に参加。ウェーベルン流の点描的な12音音楽に、禅や能の思想を重ね合わせる独自の作風から、特にフルートのための作品を多く生み出す。フルートとピアノのための《エカーグラ》(57)が、武満の弦楽のための《レクイエム》と共にストラヴィンスキーから絶賛、フルートのための《冥》(62)がダルムシュタット国際現代音楽夏期講習会で注目されるなど、国際的にも注目を集めるが、70年代後半からは、東洋の伝統音楽の研究に活動の軸を移している。上野学園大学教授。

    執筆者: 須藤 英子
    <続きを表示する>

    作品(3)

    ピアノ独奏曲 (1)

    ★ 種々の作品 ★ (2)

    風の輪 風の輪

    作曲年:1968 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    水煙 水煙

    作曲年:1972 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ピアノ合奏曲 (1)

    ★ 種々の作品 ★ (1)

    水輪 水輪

    作曲年:1967 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)