ホーム > ピアノ曲事典 > フォルクマン

フォルクマン 1815-1883 Volkmann, Robert

269
  • 解説:齊藤 紀子 (214文字)

  • 更新日:2008年9月1日
  • ドイツの作曲家。シューマンやメンデルスゾーンの影響を受け、ピアノ協奏曲やピアノ三重奏曲の他、交響曲や序曲、チェロ協奏曲、弦楽四重奏曲を作曲した。ドレスデン近郊のロマチュに生まれ、同地で合唱長を努めていた父親から音楽の手ほどきを受けた。20代でライプツィヒに移ってベッカーのもとで本格的な作曲の勉強を始めた。1841年以降はブダペストに定住し、同地の国立音楽院の作曲の教授を務めた。1850年代には、ウィーンでの活動も行っている。

    執筆者: 齊藤 紀子
    <続きを表示する>

    作品(3)

    ピアノ独奏曲 (1)

    ピアノ合奏曲 (1)

    性格小品 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)