ホーム > ハリス

ハリス 1898-1979 Harris, Roy

  • 解説:齊藤 紀子 (277文字)

  • 更新日:2008年8月1日
  • アメリカ合衆国の作曲家。序曲の《ジョニーの凱旋》(1934)や《交響曲 第3番》(1937)が代表作である。ピアノを編成に含む作品としては、《ピアノ協奏曲》や《ピアノ5重奏曲》(1936)がある。音楽の教育を受けたのは、第1次世界大戦に従軍した後のことであった。カリフォルニアでアーサー・ファーウェルに師事した後、パリに留学してブランジェに師事した。グッゲンハイム奨学金も得ている。パリで初演された《ピアノ協奏曲》は好評を博した。

    アメリカに帰国してからは、ウェストミンスター合唱学校やプリンストン大学、コーネル大学、コロラド大学で作曲の指導に力を注いだ。

    執筆者: 齊藤 紀子
    <続きを表示する>

    作品(10)

    ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) (1)

    ピアノ独奏曲 (5)

    ソナタ (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    バラード (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    組曲 (2)

    小組曲 小組曲

    作曲年:1938 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    トッカータ (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ★ 種々の作品 ★ (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)