ホーム > ピアノ曲事典 > ハジダキス

ハジダキス 1925 Hadjidakis, Manos

  • 解説:齊藤 紀子 (443文字)

  • 更新日:2008年10月1日
  • ギリシアの作曲家。ほぼ独学でありながら、国際的に活動した。第2次世界大戦やその後の内戦の影響で、当時のギリシアの作曲家は世界の流れから孤立しがちであった。そのような中、ハジダキスはギリシアの音楽振興に幅広く貢献した。その内容は次のようなものである。

    ・大衆的なものとして軽視されていたギリシアのポピュラー・ソング「レベティコ」の見直しを図る。

    ・メノッティやコープランドなど、アメリカで活動する作曲家についての講演会をアテネで開く。

    ・アテネ工科大学で自身の名を冠したコンクールを催し、海外で活動していたギリシア出身の作曲家、クセナキスらの作品を紹介。

    ・自ら結成したアテネの実験的なオーケストラ団体を指揮してギリシアの作曲家の作品を初演。

    ・アテネ国立オペラの副総監督、ラジオ番組の製作責任者、アテネ国立管弦楽団の終身総監督等を歴任。

    ギリシア映画や国立劇場等のために数多くの作品を創作した。なかでも、《日曜はダメよ》の主題歌でオスカー賞を受賞し、ハジダキスは一躍、世界的に知られるようになった。

    執筆者: 齊藤 紀子
    <続きを表示する>

    作品(1)

    ピアノ独奏曲 (1)

    ★ 種々の作品 ★ (1)

    白い小さな貝殻のために Op.1 白い小さな貝殻のために

    作曲年:1947  総演奏時間:15分30秒 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)