ホーム > ナウマン

ナウマン 1741-1801 Naumann, Johann Gottlieb

204
  • 解説:齊藤 紀子 (183文字)

  • 更新日:2008年8月1日
  • ドイツの作曲家。イタリアに旅行した際にタルティーニやハッセの目にとまり、ヴェネツィアでオペラの作曲家としてデビューした。オペラの他には、オラトリオやミサ曲、コラール・カンタータ等の教会音楽や器楽作品を作曲している。ハッセの推薦を受けてドレスデン宮廷の作曲家や楽長を務めた。また、コペンハーゲンやベルリンでオペラ作品の委嘱を受けた。客演指揮者都市活動したこともあった。

    執筆者: 齊藤 紀子
    <続きを表示する>

    作品(1)

    ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) (1)

    協奏曲 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)