ホーム > ピアノ曲事典 > ボーレンシュタイン

ボーレンシュタイン 1969 Borenstein, Nimrod

  • プロフィール (990文字)

  • 更新日:2018年3月12日
  • テルアビブに生まれる。パリで育ち3歳から音楽教育を受けた。1984年シフ財団の奨学生となり、王立音楽大学でイツアーク ラシュコフスキーにバイオリンを学ぶため、ロンドンに移り住む。その後王立音楽大学でポール パッターソンに学ぶため、最高位の奨学金を授与された。  現在は王立音楽大学の会員であり、輝かしい功績を残した卒業生として、その名をリストに連ねている。  ウラジーミル・アシケナージは何年もの間ボーレンシュタインをサポートした。2013年に、彼は「ビッグバンと宇宙の創造」という作品の演奏をフィルハーモニア管弦楽団のもとで指揮した。後にアシケナージは「you will it, it is no dream」 という、このために書かれれたボーレンシュタインの作品をフォルハーモニア管弦楽団のもとで指揮した。  数年前には、ロンドンのロイヤルオペラハウスとロイヤルフェスティバルホール、パリのサル・ガヴォー、およびニューヨークのカーネギー・ホールで、ボーレンシュタインの作品が初演された。彼の作品は、ロンドンのオールアバウトピアノ音楽祭、ブルゴス国際音楽祭、ベルグラードチェロ音楽祭のようなヨーロッパの多くの音楽祭で特集を組まれた。  ボーレンシュタインの「シェルアダージョ(Boosey & Hawkes版)」は、 カーネギーホールを含む会場で、16の様々なオーケストラによって30回以上演奏された。彼のバイオリンコンチェルトが、オックスフォードのシェルドニアン劇場でマリオ・パパドプロス指揮、ドミトリー・ シトコベツキーによるバイオリン、オックスフォードフィルハーモニーにより初演された。  2014/15シーズンのハイライトはGandini Juggling4x4のために書かれた作品「Ephemeral Architectures show」が、Royal Opera House of Suspendedで初演されたことであった。  ボーレンシュタインは、声楽、ソロ楽器、オーケストラおよび室内楽曲を含む70を超える多くの作品を作曲している。楽譜はDonemus社、Boosey & Hawkes社より出版されている。 2017年シャンドスレコードより、イルミナ トリンコスのバイオリン、ヴィラディミール アシュケナージ指揮でCDをリリースし、世界一斉発売されている。

    <続きを表示する>

    作品(3)

    ピアノ独奏曲 (3)

    曲集・小品集 (1)