ホーム > シュターミツ, カール・フィリップ

シュターミツ, カール・フィリップ 1745-1801 Stamitz, Carl Phillip

124
  • 解説:実方 康介 (288文字)

  • 更新日:2010年1月1日
  • マンハイム生まれの作曲家、ヴァイオリン、ヴィオラ奏者。シュターミツ家はチェコ出身の音楽一家で、父はヨハン・シュターミツはマンハイムの宮廷に集められた音楽家集団、いわゆるマンハイム楽派の代表的な作曲家。カールフィリップはヨハンの長男。父親に続きマンハイムで音楽家としてのキャリアを開始するが、当時としては先鋭的な作風が侯爵に受け入れられず、弟アントンを伴ってパリに移住。この知でルイ・ド・ノアイユ候の宮廷音楽家となった。パリで成功をおさめた後は長い演奏旅行の生活を送り、90年代以後はドイツ・イェーナに定住した。作品は優雅な旋律や明確な構成をもち、洗練された古典期の作風を示す。

    執筆者: 実方 康介
    <続きを表示する>

    作品(2)

    ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) (1)

    協奏曲 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    室内楽 (1)

    ★ 種々の作品 ★ (1)