ホーム > シチェドリン

シチェドリン 1932 Shchedrin, Rodion Konstantinovich

  • 解説:実方 康介 (219文字)

  • 更新日:2010年1月1日
  • モスクワ音楽院にてユーリ・シャポーリンに師事。交響曲第1番などが評価されて作曲家としての地位を得る。音楽院時代から活動初期にかけてはスターリン体制の絶頂期にあり、所謂「社会主義リアリズム」路線の影響を受けた。ソヴィエト作曲家同盟の議長を務め、ソヴィエト体制派として知られる。セリーや偶然性の技法を導入するなど創作の上でも「ソヴィエトの現代音楽」を模索した。ジャズの要素を取り入れたピアノ作品など現代的なポピュラリティを備えた作品が数多い。

    執筆者: 実方 康介
    <続きを表示する>

    作品(9)

    ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) (1)

    協奏曲 (4)

    ピアノ協奏曲 第2番 ピアノ協奏曲 第2番

    作曲年:1966  総演奏時間:22分50秒 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ピアノ独奏曲 (2)

    曲集・小品集 (3)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ★ 種々の作品 ★ (2)

    アルベニス風に アルベニス風に

    作曲年:1959  総演奏時間:3分40秒 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    トロイカ トロイカ

    作曲年:1959 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)