ホーム > キール > 変奏曲とフーガ

キール :変奏曲とフーガ Op.17

Kiel, Friedrich:VARIATIONEN UND FUGE Op.17

作品概要

出版年:M. Bahn, 1861年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:変奏曲
著作権:パブリック・ドメイン

解説 (1)

解説 : 金澤 攝 (244文字)

更新日:2021年5月14日
[開く]

 ベートーヴェンの「ディアベリ変奏曲 Op.120」とブラームスの「ヘンデル変奏曲Op.24」の間には、ドイツ音楽に限っても、少なくとも4つの大規模な変奏曲の名品がピアノ音楽史上から消えている。これはその中のひとつ。オクターヴのユニゾンで歌われるヘ短調の主題に18の変奏曲とフーガが続く。デーン(Siegfried Dehn, 1796-1858)に叩き上げられたキールの優れた対位法センスは、レーガーの「バッハ変奏曲 Op.81」に至る道を拓く基となった。(2021.4.3) 金澤 攝

執筆者: 金澤 攝

楽章等 (20)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

楽譜 (0件)