ホーム > リスベルク > 鳥たちの目覚め――イディール

リスベルク :鳥たちの目覚め――イディール Op.39

Lysberg, Charles Bovy:LE RÉVEIL DES OISEAUX, Idylle Op.39

作品概要

出版年:Lemoine, 1853年 
献呈先:à mon ami Vincent Adler
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:牧歌
著作権:パブリック・ドメイン

解説 (1)

解説 : 金澤 攝 (252文字)

更新日:2021年5月14日
[開く]

 夜明けの木立ちの中の鳥の囀りを描く。明るく快活な表情の中に漂う重量感のない、どこか儚い印象はリスベルクの持ち味である。左手のバルカロール風のリズムに乗って、右手が高音域で煌めきを撒き散らすさまは、師・ショパンの「ベルスーズ」Op.57を範としたものだろう。主題が繰り返される度に、和音の変化、分散のあるなし、前打音やアクセント等、細密なヴァリアントが施される。暗譜を著しく困難なものとするこうした特性は’20年代世代に多く見られ、演奏家を敬遠させる大きな要因と考えられる。(2021.4.3) 金澤 攝

執筆者: 金澤 攝

楽譜 (0件)