ホーム > ピアノ曲事典 > ショパン > ワルツ 第17番 変ホ長調

ショパン :ワルツ 第17番 KK.IVa/14 変ホ長調

Chopin, Frederic:Valse no.17 Es-Dur KK.IVa/14

作品概要

作曲年:1829年 
出版年:1902年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ワルツ
総演奏時間:1分30秒

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (277文字)

更新日:2007年6月1日
[開く]

1827年から1830年にかけて作曲されたと考えられている。20世紀に入ってから、1902年に出版された。正式な献呈はされていないが、変イ長調の遺作のワルツと同様に、ワルシャワ音楽院時代のショパンの師、エルスナーの娘、エミリア・エルスナーアルバムから発見された。3部形式で書かれているが、トリオが非常に短く、ロンド形式と捉えることもできる。主要主題は3オクターヴを上下行することが特徴的である。レントラーやマズルカの1種、マズルといった様々な舞曲の要素が感じられる。そして、オクターヴと単音を交互に奏する右手が、この曲をピアニスティックなものにしている。

執筆者: 齊藤 紀子
その他特記事項
ワルツ番号はパデレフスキ版によるが、作品の真正性は疑われている。