ホーム > ピアノ曲事典 > ショパン > ワルツ 第16番 変イ長調

ショパン :ワルツ 第16番 KK.IVa/13 CT221 変イ長調

Chopin, Frederic:Valse no.16 As-Dur KK.IVa/13 CT221

作品概要

作曲年:1829年 
出版年:1902年 
初出版社:Warsaw and Leipzig
献呈先:Stammbürcher Emilia Elsner und Pauline Lebrun
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ワルツ
総演奏時間:3分00秒

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (278文字)

更新日:2007年6月1日
[開く]

1827年から1830年の間に作曲されたとされるワルツで、20世紀に入ってから、1902年に出版された。ワルシャワ音楽院でのショパンの師匠エルスナ-の娘、エミリア・エルスナ-のアルバムに記されていた。

中間部にトリオと記されており、3部形式のワルツとなっているが、このトリオが8小節と非常に短いため、ロンド形式とも考えられる。左手の和音の種類は比較的少ない。しかし、その上で奏する右手は左手の和音が構成する音以外の音に富むこと、右手の各小節の音域が1オクターヴと比較的幅広い場合が多いことから、シンプルなながらにも優雅さという気品を備えたワルツとなっている。

執筆者: 齊藤 紀子
その他特記事項
ワルツ番号はパデレフスキ版による。