成田 為三 :浜辺の歌

Narita, Tamezou:*in preparation*

作品概要

楽器編成:歌とピアノ 
ジャンル:★ 種々の作品 ★

解説 (2)

解説 : 屋野 晴香 (293文字)

更新日:2018年4月19日
[開く]

林古渓作詩、成田為三作曲による唱歌。初出詩は大正 2 年(1913)《浜辺の歌》ではなく、《はまべ》のタイトルで東京音楽学校校友会詩に発表されたものである。「作曲用試作」との一 言が添えられており、当時山田耕筰に作曲を師事していた成田以外の学生も、この詩に作曲し ていた可能性がある。作曲時期はおそらく大正 4~5 年頃とされており、大正 7 年、当時人気 の画家であった竹久夢二の装丁を施して《濱邊の歌》としてセノオ楽譜より出版された。しかし自筆譜から、タイトルの改定は成田自身によるものではないと推測されている。詩の原風景 は、林が幼い頃を過ごした湘南の海岸であると考えられている。

執筆者: 屋野 晴香

解説 : 長井 進之介 (564文字)

更新日:2018年4月19日
[開く]

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。