ホーム > 本居 長世 > 青い眼の人形

本居 長世 :青い眼の人形

Motoori, Nagayo:Aoi Me no Ningyo

作品概要

楽器編成:歌とピアノ 
ジャンル:★ 種々の作品 ★

解説 (1)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (335文字)

更新日:2013年7月22日
[開く]

「赤い靴」と並び、異国を視野に置いた独特のエキゾチシズムをかもし出す歌。1921(大正10)年『金の船』 に発表された。人形をまるで生きているかのように「わたしは言葉がわからない」と語らせる斬新な歌。 野口雨情は回想文の中で、アメリカ生まれのセルロイドで出来たキューピーが子供達に人気があるのを見て、この詩を思いついたと述べている。また、「全てが国境なしの愛の教育でなければならない」という思想のもと、日米の友情の証として作ったといわれる。この歌は、発表されるとあっという間に子供達の愛唱歌として広まり、作曲された5年後の昭和2年にアメリカから親善使節として 12,000 体ものビスクドール人形が、それぞれパスポートや切符付きで送られるという大きな親善事業に発展した。

楽譜 (0件)