ホーム > テレマン > メヌエット ト長調

テレマン :メヌエット ト長調

Telemann, Georg Philipp:Minuet G-Dur

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:メヌエット
総演奏時間:0分40秒
著作権:パブリック・ドメイン

解説 (1)

【概要】 : 土屋 駿也 (165文字)

更新日:2022年6月23日
[開く]

テレマンは、クラシック音楽史上最も多くの曲を作った作曲家の一人とも言われており、「日本テレマン協会」の存在など日本でも注目度の高い作曲家である。

この曲の特徴として、左右の手のどちらにも音の跳躍が多く出現することが挙げられる。劇的な転調による表情の変化が少ない分、跳躍時のエネルギーやアーティキュレーションに工夫や遊びが求められる。

執筆者: 土屋 駿也

編曲・関連曲(1)

ヤマハメヌエット(G.Ph.テレマン)NEWピアノスタディ4 ト長調

調:ト長調  総演奏時間:1分20秒  Toka ステップレベル:基礎3

その他特記事項
ヤマハミュージックメディア『バロック小品集1』p.10 音楽之友社『新しいバイオリン教本2 』掲載のヴァイオリン用編曲と同曲。