ホーム > カッチーニ, ジュリオ > アヴェ・マリア

カッチーニ, ジュリオ :アヴェ・マリア

Caccini, Giulio:Ave Maria

作品概要

楽器編成:歌とピアノ 
ジャンル:★ 種々の作品 ★

解説 (1)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (282文字)

更新日:2012年4月13日
[開く]

第19回公開録音コンサートプログラムより引用

このバロック風とも、映画音楽風ともいえる曲は実際には、ジュリオ・カッチーニの作ではなく、ウラディミール・ヴァヴィロフ(Vladimir Vavilov 1925-73 ソ連)によって1970年頃に作曲された歌曲と言われている。

録音も楽譜も90年代半まで知られていなかった。

出典が明らかにされず、現在入手できる出版譜は全て編曲されたもので、歌詞がただ”Ave Maria”を繰り返すだけという内容もバロックの様式とは相容れない。

しかし、今やシューベルトやグノーの「アヴェ・マリア」と並んで、重要なレパートリーになっている。