ホーム > ブラームス > 51の練習曲

ブラームス :51の練習曲 WoO.6

Brahms, Johannes:51 Übungen für Klavier WoO.6

作品概要

作曲年:1850年 
出版年:1893年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:練習曲
総演奏時間:9分40秒
著作権:パブリックドメイン

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (4511文字)

更新日:2007年8月1日
[開く]

1865年~1890年頃の作とされ、ブラームスの晩年、1893年に出版された。1a等、アルファベットによる下位番号がつけられているものもある。各練習曲は、一部の練習曲を除き、概して何らかの調の主和音で初め、その冒頭の形を反復しながら上昇したり下降したりする形で書かれている。また、記譜されている調以外の調でも練習するよう、指示されている。

第1練習はa~fまであり、左右の手が反行する分散和音を奏する。ニ長調の主和音で開始し、上昇した後、折り返して下降することにより冒頭の形を反復練習する。左右の手の音価がいつも同じとは限らないところがブラームスらしいと言える。

第2練習は、a及びbから成る。どちらも3度を主体としており、aは16分音符による上行音階を左右交互に奏しながら上昇し、折り返した後は下行音階を左右交互に奏しながら下降する。イ長調の主和音で開始する。bでは、音価が8分音符による3連音符となる。 第3練習は第2練習に引き続き、3度を主体としている。ここでは、左右同時に並進行で奏する。1小節でV字を描くような音形をホ長調で初め、上昇した後、折り返して同じ形を奏しながら下降する。

第4練習は、左右の並進行による下降形の分散6度音程の練習である。どちらの手も1つ目の音を保持するよう指示されている。

第5練習は、ハ短調で書かれている。左右の並進行による分散オクターヴの練習である。5aもある。オクターヴそのものをオクターヴで移行させていく手法がブラームスらしい。第6練習は、第5練習を発展させたものとなっており、同じくハ短調で書かれている。分散和音を分散オクターヴで奏する練習で、第5練習と同様に6aがある。

第7練習は、左右のユニゾンによる狭い音程の内部を半音階に富んで奏する練習である。このような音形は左右何れかの手にのみ見られ、それに対してもう一方の手は長い音価を奏する7aがある。

第8練習は、a及びbから成り、bはaを発展させたものとなっている。1小節で数学の相似記号を描くような音形を左右のユニゾンで奏する。

第9練習もa及びbから成る。各音の合間に断続的な保続音を持つ分散和音を左右の手の反行により奏する練習である。第10練習では、その保続音を実際に保持しながら、オクターヴ内を分散和音で奏する。左右の反行形による。第11練習は、a及びbから成り、第9練習、第10練習を更に発展させたものとなっている。ここでは、付加的な音が添えられている。

第12練習から時折、速度表記が見られる。ここでは、「モデラート」と指示され、ベン・レガートという語も添えられている。和音をおさえながら、その何れかの音に添えられた装飾も奏する練習である。第13練習は、第12練習を発展させたものとなっている。第12練習はハ長調の主和音で開始したが、第13練習はハ短調の主和音で開始する。

第14練習は、「ヴィヴァーチェ」と指示されている。左右各々が2分音符による2音を保持しながら、その他の指で1オクターヴを越える音域を奏する練習である。

第15練習は、「レッジェーロ」と指示されている。16分音符による6連音符の音価で、左右が反行しながら数学の相似記号を描くような音形を奏する。第16練習は、第15練習を発展させたものとなっており、a~cまである。ここでは、全音符ないしは2分音符で保持する音が加えられている。

第17練習は2分の3拍子で、一方の手が奏する8分音符に対し、もう一方の手がその8分音符1つ分に16分音符による3連音符1つをあてがう練習である。どちらの手も隣接する2音の反復で、記譜されたトリルとなっている。前半と後半で、担う音価を交替させる。

第18練習は、a及びbから成る。「ベン・レガート」と指示されている。左右の手が各々、分散させて奏する2度音程を主体とする16分音符による声部と、同じく分散させて奏する3度音程を主体とする8分音符の3連音符による声部の2声部を奏する。

第19練習は「モデラート」と指示されている。和音を重音に分割して奏する。その際、左右の手の音程が交互になっており、常に構成音が響くようになっている。

第20練習は、広音域にわたる分散和音を蛇行させながら2小節かけて往復する練習である。そして、この形を半音ずつ上昇させて反復する。

第21練習はa及びbから成る。左右の反行により、1オクターヴを超える音域の和音を、拍頭に重音を挟みながら分散して奏する練習である。

第22練習は一方の手が音階を長い音価と、刺繍音を含むより短い音価で奏し、それに対してもう一方の手が音階を3度による刺繍音で奏する練習である。

第23練習はa~cまである。左右の反行により3度で奏する倚音を伴う音階を奏する。その際、長い音価で保持する音が添えられている。第24練習はa及びbから成り、第23練習を発展させたものとなっている。「ベン・レガート」の指示がある。旋回するような3度の下声、ないしは上声に刺繍音を添えて奏する練習となっている。

第25練習はa~cまである。「ノン・トロッポ・アレグロ」と指示されている。この練習は、単なる音形の反復というよりも、実際の作品に見られるような複雑な書法で書かれている。また、「f レガート」と指示されている。一定のリズムパターンを左右が時差で交互に奏する。このような手法はブラームスのピアノ作品によく見られる。

第26練習もa~cまである。「レッジェーロ」と記され、ブラームスのピアノ作品に見られるような独特の音形を左右の手が反行しながら奏する。第27練習は第26練習を発展させたものとなっている。音形の中に同音連打が含まれ、保持する音が加えられている。第28練習では、先立つ2つの練習を更に発展させている。しかし、ここでは「レッジェーロ」ではなく「レガート」になっている。1小節に1つずつ音を保持させながら、半音階に富んだ音形を左右の手が反行して奏する。

第29練習は、「プレスト」で左右の手が反行するオクターヴを奏する。冒頭には「レッジェーロ」の指示もあり、この練習の終わり近くでは更に、「ピウ・プレスト」になる。

第30練習は、第24練習と類似している。左右双方の手が内声で反行する音形を奏しながら、外声で記譜されたトリルを奏する。どの声部にもスラーが付され、「レガート」が求められている。

第31練習はa及びbから成る。和音を単音→重音→重音で順に奏する3連音符の音形を主体としている。これを左右の手が並進行で奏する。bは、右手が3連音符の8分音符1つ分先行するアウフタクトで開始する。

第32練習もa及びbから成る。aは外声にレガートの左右の手によるユニゾンを奏し、内声に左右の手が反行する分散和音を奏する。bでは、この外声と内声とが入れ替えられる。

第33練習もa及びbから成る。左右の手がレガートで、単音や重音から成る音形を奏する。aとbで、外声と内声の並進行と反行が入れ替えられるところは、これに先立つ第32練習と同じである。

第34練習はa~cまであり、「ベン・レガート」と指示されている。何れも、外声ないしは内声に左右の手によるユニゾンを持ち、もう一方の声部で同じく左右の手によるユニゾンのより細かい音形を奏する。

第35練習は、外声も内声も左右の手による反行音形を奏する。ここでは、演奏に際して、記譜された外声の音が1拍おきに内声の下に潜ることが特徴的である。下位番号は付されていないが、「レガート」と「レッジェーロ」で練習するよう指示されている。

第36練習は、1小節に1つずつ音を保持しながら「レガート」で左右の反行する音形を奏する練習に、各小節の後半でおさえるもう1つの保持する音が加えられている。

第37練習はa及びbから成る。各拍で左右の手が反行する広音域にわたる分散和音を外側に広げる一方向のみで反復する。厳密には、aは4分の4拍子で16分音符1つ分先行し、bでは8分の9拍子で8分音符5つと4つのグループに分けられているため、拍の区切りと分散和音の区切りは一致しない。また、aの「ドルチェ・レガート」に対し、bでは「ベン・レガート ピウ・フォルテ」となる。

第38練習は「アレグロ ベン・マルカート f」で、左右のユニゾンによる和音の上声ないしは下声に刺繍音が加えられており、1拍ごとにその刺繍音の声部が入れ替わる。第39練習も左右のユニゾンによる和音で、ここでは下声に刺繍音が加えられている。また、「ベン・レガート」と指示されている。

第40練習はa及びbから成る。左右の手が反行する16分音符の単音を「f レガート」で、その後「p レッジェーロ」で奏する。bでは単音の一部の音を保持することにより、部分的に多声的になる。第41練習及び第42練習は、第40練習を発展させたものとなっており、a及びbから成る。

第43練習はa及びbから成る。左右の手による半音階的進行が特徴的なユニゾンで1小節に1音ずつの保持する音を中心として、左右の手が反行しながら跳躍する重音を奏する。「アンダンテ」と「アレグロ」での練習が求められている。

第44練習もa及びbから成る。aは左右の並進行による分散和音、bは反行による分散和音の練習である。

第45練習は「ベン・マルカート」で左右のユニゾンにより、上声に音を保持しながら、その下声で分散3度の初めの音を前打音で奏する練習となっている。2種類の調号が用意されている。

第46練習はa及びbから成る。aは「ドルチェ」で、左右の手が5小節ずつ保持する音を中心として、左右の手が並進行しながら跳躍する重音を奏する。一方、bは「ドルチェ・レッジェーロ」で同じく左右の手が5小節に1音ずつ保持する音を中心に、高音域にわたる音形を奏する。

第47練習は、「アレグロ」で、一方の手が「ベン・レガート」による波形を奏し、もう一方の手がそれに対して所々に休符を挟みながらユニゾンを成す音形を「レッジェーロ」で奏する。

第48練習は、左右の手が並進行しながら、上声と内声とが1拍ずつずれて反行を成す音形を奏する。第49練習はa及びbから成り、第48練習を発展させたものとなっている。

第50練習は、第1小節の「レッジェーロ」で奏する左右の反行による波形音形を、第2小節目から同じく反行による外声を添えて「ベン・レガート」で奏する。

この練習曲集を締めくくる第51練習は、「ヴィヴァーチェ レッジェーロ」で、左右の反行する単音の音形を奏する。

この練習曲集が出版された1893年は、ブラームスのピアノ作品がすべて出揃っているため、これらの練習曲はブラームスのピアノ作品のためのブラームスによる練習曲と言うことができる。実際に、これらの練習曲にはブラームスのピアノ作品に特徴的なポリ・リズムや手首のしなりを用いるような奏法(とりわけオクターヴにおいて)が見られる。また、左右の手が反行して奏する音形が特徴的である。尚、この練習曲集については女流ピアニスト、アクセンフェルトによる興味深い著述がある。

執筆者: 齊藤 紀子
現在視聴できる動画はありません。