ホーム > ピアノ曲事典 > ショパン > 4つのマズルカ (第14-17番)

ショパン :4つのマズルカ (第14-17番) Op.24 CT64-67

Chopin, Frederic:4 mazurkas (g;C;As;b;) Op.24 CT64-67

作品概要

作曲年:1834年 
出版年:1836年 
初出版社:Breitkopf und Härtel
献呈先:Comte de Perthuis
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:マズルカ
総演奏時間:13分00秒

解説 (1)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (285文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

作品24の4曲はパリで作曲された。この頃のショパンは、パリで活動を開始して4、5年が経ち、作曲家としてもピアニストとしても充実期に入っていた。

第14番 ト短調

ポーランド民謡が使われた、素朴なマズルカ。

第15番 ハ長調

軽やかで可憐な曲。中間部は変ニ長調に転じて、ドラマティックな側面も見せる。

第16番 変イ長調

大らかで明るく可愛らしい小品。途中に現れるエピソードも印象的である。

第17番 変ロ短調

数あるマズルカ中、充実した傑作の一つ。途中ユニゾンと和音によるエピソード風の部分が現れるが、ユニゾンは合唱の女性のパートで和音の箇所が混声合唱だと、ショパンは弟子に教えている。

楽章等 (4)

第14番 Op.24-1 CT64

調:ト短調  総演奏時間:3分00秒 

解説(0)

楽譜(0)

第15番 Op.24-2 CT65

調:ハ長調  総演奏時間:2分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

第16番 Op.24-3 CT66

調:変イ長調  総演奏時間:2分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

第17番 Op.24-4 CT67

調:変ロ短調  総演奏時間:5分00秒 

解説(0)

楽譜(0)

その他特記事項
マズルカ番号はパデレフスキ版による。